カワイ ブログ

HOME > カワイブログ > 年男・厄年 の男です。

年男・厄年 の男です。

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

題名にもあるように子年の年男兼、厄年の男でございます。

本厄の私ですが、あまり重くとらえず、体調に気を付けようかな、ぐらいのスタンスで行こうと思っております。

 

2020年はオリンピックが日本で開催され、また、「子年」にあたり、再び新しい十二支のサイクルがスタートする年でもあります。

日本に熱い視線が注がれる今年ですが、私も負けずに熱を持ち仕事に挑みたいと思います。

 

さて、今回のブログですが、「子年」に関して面白い情報を拝見したので皆様とご共有させて頂きます。

まずはじめに「子(ねずみ)」という字の成り立ちなのですが、中国の「孳」という字から来ており、新たな生命が種子の中に萌し始める状態を意味しているそうです。

中国伝来の十二支はもともと植物が循環する様子を表しているようで、生命の始まりを表す「子」が十二支の一番目にくるそうです。

私も初めて知ったのですが、干支は正確に「十干」と「十二支」の組み合わせからなっているそうです。

「十干」には「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」があり、十二支同様に毎年変わるそうです。

そのため、自分が生まれた干支と同じ干支になる年は60年に一度と言われており、節目とされる「還暦」が自分の生まれた干支と重なる年だそうです。

 

干支には60通り存在し、それぞれに違う特徴があるようです。

2020年の干支は十干が「庚」で十二支は「子」になり、2020年の干支は「庚子年」だそうです。

「庚」は陰の気質を持っているとされ、結実・形成の意味があり、「子年」には増えるという意味合いがあり、命が誕生する意味があるそうです。

このことから「庚子年」は動きがあり新しいものを作ろうとされる年とされているとのことです。

 

私もカワイに入ってから新しい体験を多くさせて頂いていますので、日々成長し、

今年は自分から動き、新しいものを作れるよう精進していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

IMG_6306