STAFF BLOG

宇宙(そら)飛ぶ箸の話

おはようございます!
小浜も梅雨に突入し湿度がぐんぐんあがっています。
ブルーになりがちなこの時期ですが持ち前の明るさで乗りきります。
夏はすぐそこです!
いきなりですが皆さんは池井戸潤さん原作のドラマ、下町ロケットはご覧になりましたか?
小さな町工場がロケットの会社の存続のためにロケットの部品開発を行う話です。
僕は原作しか読んでいないのですが男のロマンがギュッとつまった良い作品でした。
(読んだのが大学時代なので8割方内容を忘れているのは内緒です)
宇宙、それは人類のロマン!
是非ともHISさんには頑張って頂いて格安宇宙旅行ツアーを実現させて頂きたいです。
さて当然なのですが人間はどこに行っても腹が減ります。
もちろん宇宙に行ってもそれは同じです。
ただし忘れてはいけないのが宇宙は無重力空間であるということ!
何もかもが空中に浮かんで飛び回るカオスな空間です。

 

もちろん食べ物も空中に浮かんで飛び回ります。
そこで登場するのが、、、
ですよ、、、
uchuhashi
↑これが証拠です(カレーライスを食べているそうです)
飛び回る美味しいごはんを食べるために必要なものは「つかむ」ことなのでありました。
つかむという動作は箸ならではのものですもんね。
しかも無重力空間なのであまりしっかりつかまなくても食べ物を口に運ぶことができるそう。
そのためあまり箸使いが上手でなくても大丈夫だそうです。
止まらない人口爆発で宇宙への移民も真剣に検討されている中、箸が宇宙のカトラリー界の王座につく日は近い?!
PAGE TOP