HOME > 塗箸ができるまで

塗箸ができるまで

塗箸ができるまで

木地の紹介

美しい光沢と、特有の芳香があり、古くから箸にもっとも使われてきたのが桧。心材の耐久性が高く、長期の水湿に耐えることができます。福島県東南部以南の本州・四国・九州に分布している日本の代表的な木材です。

  • 心材の色………………淡紅色
  • 辺材の色………………ほぼ白色

心材の保存性の高さは国産材の中では最高。水湿にも良く耐え、非常に丈夫です。その反面、固いので加工が難しい素材です。北海道南部・本州・四国・九州に分布しています。

  • 心材の色………………褐色
  • 辺材の色………………やや褐色を帯びた灰白色

肌目は荒いですが、材に光沢があり、年輪がはっきりしているので、木目の美しさを楽しめます。保存性と強度を持っているので、建築物にもよく使われています。国内では本州・四国・九州、海外では朝鮮・中国にも分布しています。

  • 心材の色………………黄褐色または赤褐色

「明日には最高のヒノキになろう」という希望を表現した名前の木で、ヒバとも言います。軽いのに耐久性が高く、水湿にも強いので漆器にもよく使われています。日本のみに産し、本州中南部・四国の一部・九州に分布しています。

箸は竹の者と書き、最古の箸は竹で作られていたと言われています。丈夫で柔軟なしなりをもつので、加工がしやすい素材です。おにぎりなどを竹皮で包む習慣もあるほどに、抗菌性・消臭性に優れています。日本・中国・東南アジア・オーストラリア・中南米・アフリカなど、温暖で湿潤な地域に広く分布しています。

マラスはパプアニューギニアの名前で、ナンテンギリともいわれる、南天のような赤い実を付ける木です。高さ45メートル、直径1メートルにも達する大木で、非常に硬く、強さと耐久性にも優れているので、お箸の材料として多く使われています。フィリピン・インドネシア・パプアニューギニアに分布しています。

代表的な唐木。磨くと光沢が出て高級感のある仕上がりになるので、楽器や工芸品にも使われています。現在では入手が難しく、非常に高価です。アフリカ・熱帯アジア・ニューギニアに分布しています。

非常に硬く、乾燥・加工がやや難しいものの、明るい茶色でつやのある美しい仕上がりになります。虫や菌に侵されにくく、腐りにくいため耐久性はとても優れています。ミャンマー・カンボジア・ラオス・タイなどの東南アジア、インド南部に分布しています。